スピリチュアル

女性同士のランチはもうこりごり!相手を不快にさせないように断る方法とは?

女性同士のランチは、ストレスを感じてしまったり、気疲れするなど、楽しさよりもマイナスな気持ちが勝ってしまう人も多いのではないでしょうか。
断りたくても、相手を不快にさせないような断り文句がわからず、どのように伝えていいのか悩みますよね。

断れずに行きたくないランチに参加したり、自分の意思とは真逆な行動をとってる人もいるかもしれません。

今回は、相手に不快な思いをさせずに断る方法を、徹底的に解説します。
この記事を読むことで、相手に不快な思いをさせることなく、自分の時間をもてるようになりますよ!

Contents

女性同士のランチを断りたい女性は多い

「ランチのときは誰にも気を遣わずに自分の時間を過ごしたい」と感じている人は意外と多く、女性同士のランチを否定的に捉えている人も少なくありません。
一人の時間を過ごすことは、リフレッシュできる時間であり、後半の仕事を効率よく進めるためのコンディションの調整に非常に大切な時間です。
しかし、女性同士のランチに誘われても、なかなか断れない人も多いのではないでしょうか。

「断ったら仕事や人間関係に支障がでるかも」と、不安に思う気持ちがあるかもしれませんが、女性の多くは断られたことに気分を悪くしているわけではありません。
不安に思う人でも、断り方を意識するだけで女性の受け取り方も変わりますよ。
断ることは悪いことではなく、自分の気持ちを大事にしている証拠です。

では、どういった断り方がいいのか、後ほど詳しくお伝えしますね。

女性同のランチの誘いを相手を不快にしないで断る方法

女性同士のランチの誘いは、断るのが難しいですよね。
相手を不快にさせないように、上手に断る方法がわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
断り方を少し工夫すれば、相手の女性を不快にさせることなく、上手に断れますよ。

ポイントは「伝え方」や「言葉選び」に気をつけることです。

具体的にどのような断り方がいいのか、詳しく説明していきます。

無理に理由を作らず、感謝の言葉・謝罪の言葉+正直な理由を伝える

断る方法として、無理に理由を作らず正直に話すことをおすすめします。
このときに大切なのが、感謝の気持ちと謝罪の言葉を一緒に伝えることです。
こうすることで、相手の女性に誠意を伝えることができ、断られても嫌な感情を抱きにくくなるので、一緒に伝えるようにしましょう。

また、嘘をついてその場をやり過ごす方法もありますが、おすすめできません。
もしバレてしまったときに、その後の人間関係に支障がでてくる可能性があるからです。

誠意をもって正直に話せば相手も理解を示し、人間関係を現状のまま崩すことなく、今後はランチに誘わないように配慮してくれるでしょう。
感謝の言葉や謝罪の言葉を伝えた上で正直に理由を話せば、相手にもしっかり伝わるので、無理に理由を作らずに誠実な対応を心がけることが大切です。

お弁当を持参して、自炊してお金を節約していることを伝える

お弁当を持参することで、自炊してお金を節約していることをアピールできるので有効的です。

お弁当を持参することは、体調管理のため栄養バランスを整えた食事をしていることを伝えられる上に、節約にもなるので、相手に不快な思いをさせることなく断れるでしょう。
お弁当を毎日の日課にすることで、体調管理や節約の真実味が増し、自然と「誘わないほうがいい雰囲気」を嫌味なく作り出すことができます。

また、自己管理をしっかりできていると印象付けることもできるので、メリットが多い断り方といえるでしょう。

勉強や読書を理由に断る

女同士のランチを断る理由として、勉強や読書を理由にするのもおすすめの断り方の一つです。
特に「資格を取得したい」「目指しているものがある」など、具体的なことを伝えることで信憑性が増し、相手の女性にも気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

中には「勉強や読書を帰宅後にすればいいのでは?」と、考えている人もいるかもしれません。
そういった人に対しては、帰宅後は仕事で疲れて寝てしまうことを正直に話すと、昼間の時間が貴重であることを同時に伝えられるのでおすすめです。

読書や勉強は、リフレッシュにも効果的なので、目標がある人はそれに向けて知識を深めていく時間に使ってもいいでしょう。

正直に伝えれば相手の女性も不快にならず、好意的に受け止め、あなたの目標を応援してくれますよ。

 勉強のためにお金がかかっていて、金欠だと伝える

女性同士のランチを断る理由として、勉強のためにお金がかかり、金欠であることを伝えてみてもいいでしょう。

資格を取得するために、通信講座や教材の購入など、何かとお金がかかりますよね。
勉強のための出費が多いことを伝えれば理解を得られやすく、先程紹介した「読書や勉強をしたい」旨も一緒に伝えれば、勉強への熱意も伝えられて効果的です。

相手の気遣いで「ごちそうしてあげるよ」と提案を受けても、勉強に集中したい旨を伝え、丁重にお断りすれば問題ありません。
誘ってくれたことへの感謝の気持を忘れずに、自分の気持ちも大切にしましょう。

仕事で疲れていてゆっくり休みたいと伝える

「仕事で疲れているためゆっくり休みたい」と伝えるのも、断る理由の一つです。
特に体調が悪いときは理解を得られやすく、「無理しないでね」といたわってくれるケースが多いでしょう。

また、ランチに行くときは、心も体も元気なときのほうが楽しめますよね。
そのため、ランチに行っても相手に気を遣わせてしまう可能性もあるので、体調不良のときは素直に伝えるのがベターです。
人によっては「体調悪いなら帰ったほうがいいよ」と心配してくれることもありますが「任された仕事を最後までこなしたい」と意欲を伝えることで、好印象を残すことができます。

あくまでも、仕事に支障が出ないように少し休みたいというニュアンスで断ることが大切ですが、体調不良は頻繁には使えません
その場しのぎで何度も使うと、怪しまれるだけではなく、ネガティブな印象を残してしますので注意しましょう。

ランチの誘いを断るときの心構え

ランチの誘いを断るとき、どのような心構えでいたらいいのか、わからない人も多いですよね。
断ることは悪いことではないし、ネガティブに捉える必要はありません。

「誘いを断ることに対して気が引けてしまう」といった気持ちになってしまう人もいますが、無理に参加してもストレスを溜めてしまい、全く楽しめないで終わってしまいます。

では、どのような心構えでいればいいのか説明しますね。

誘いを断ることは悪いことじゃない!

ランチの誘いを断ること自体は悪いことではありません。
断ることでイメージが悪くなる場合、断り方に問題がある可能性があります。
大切なのは、理由を明確にすることです。

曖昧な態度をとったり、理由を言わずに行かない旨だけ伝えるのは、誠実な断り方とはいえないでしょう。
また、断るときは必ず感謝の気持ちを一緒に伝えると、イメージが悪くなる可能性は低く、相手にも不快にさせずにすみます。
誘ってくれたときに一言感謝を伝えたあと、行きたいけど行けない旨を加えるだけで、相手が受ける印象が違ってくるのです。

ランチの誘いを断ることは悪くありませんが、伝え方には気をつけるようにしましょう。

自分の気持ちを大切にすることも大事!

ランチの誘いがあっても無理に行かず、自分の気持ちを大切にすることも大事です。

行きたくないランチに参加しても楽しめず、ストレスが溜まってしまいますよね。
相手の意見に流されず思いやりをもって断れば、悪い印象も与えず自分の時間も確保できます。
断る勇気をもつことで、自分の気持ちに正直になれるので、相手を尊重した上で丁重に断ることが大切です。

また、誘いを断っても、人間性の全てを指定したことにはなりません。
あくまでもランチの誘いを断っただけなので、ネガティブに捉えず、自分の気持ちを大切にするといいでしょう。

もし仕返しをされたら、「あのまま付き合い続けなくてよかった!」と思おう!

ランチを断った後に仕返しをされたら「あのまま付き合いを続けなくてよかった!」と、前向きに捉えていくことが大切です。
その相手と関わり続けることで、人間関係や仕事に悪影響がでてしまう可能性があります。
関係を断ち切り、安心して仕事に取り組んだほうが圧倒的にメリットが大きいといえるのです。

もし、仕返しをされてしまっても、まともに相手にしないほうがいいでしょう。
仕事をいつも通りきっちりこなしていれば、問題ありません。

また、悪縁は良い影響を与えないので、すぐに縁を切って関わらないことをおすすめします。
悪い縁は、自分にとって悪影響を及ぼすので、早めに断ち切ったほうがいいですよ。
悪縁を切って良縁を引き寄せる方法は、下記を参考にしてください。

女性同士のランチを断りたいよくある理由とは

女性同士のランチを断りたいと思っている人はたくさんいますが、理由はさまざまです。

よく女性同士でランチをしている人を見かけますが、必ずしも行きたくて参加している人ばかりではありません。
断りたくても断れずに参加している人も結構いるのです。

では、ランチを断りたいよくある理由とは何なのか、紹介します。

ランチぐらいは一人でゆっくり過ごしたい

ランチに誘われたとき「一人でゆっくり過ごしたい」と、思っている人もいるのではないでしょうか。

職場の女性とランチに行くと、休み時間なのに仕事の話になってしまいがちですよね。
ランチのときくらいは仕事から解放されたいと、感じる人も少なくはありません。
特に女性同士の場合は気疲れしてしまい「ランチも仕事のうち」と割り切れないと、非常につらい時間になります。

一人でゆっくり過ごせれば、誰にも気を遣わずリフレッシュできるので、後半の仕事に支障がでないよう極力ストレスを溜めずに過ごしたいと考える人が多いのです。

愚痴を聞かされるのが疲れる

女性同士のランチに行くと、愚痴を聞かされてしまい、疲れてしまった経験ありませんか。
愚痴を聞いている側はストレスを感じてしまい、それが原因で女性同士のランチを断りたいと思っている人は少なからずいますよね。

女性は仕事の不満を共感してほしい想いが強く、吐き出すことでスッキリしたいと考える傾向があります。
愚痴を言い合い共感しあうことで仲間意識が芽生え「話が合う」「私の気持ちをわかってくれる」などと感じ、そこから女性は仲良くなっていくのです。

ランチを一人で過ごしたいと思っている人からすれば、女性同士で過ごすのが苦痛に感じてしまうのも無理はありません。
そのため、ランチのときは仕事から離れ、ストレスを抱えず気楽にリラックスして過ごしたいと思うのです。

金銭的に厳しい

女性同士のランチはお金がかかるイメージを持つ人が多く、金銭的に厳しいと感じる人もいます。
最近のランチは、セットで注文すると品数にボリュームがある分、それなりの値段しますよね。
節約をしたい人にとっては、ランチでの出費は抑えたいのが本音です。

周りがセットで注文しているのに、自分だけドリンクのみ注文というわけにはいきません。
ランチに参加すると、周りに合わせてメニューを頼まないといけない空気を感じてしまいます。
好きなものを食べられない上に、出費が嵩むとなると、女性同士のランチを断りたいと思ってしまうのです。

ランチの誘いを断るデメリット!

ランチの誘いを断ると、少なからずデメリットが生じます。
社内でのコミュニケーションが減ってしまうことが、デメリットの一つです。
また、社内の人と距離を近づけるチャンスを逃す事にもなります。

コミュニケーション不足は仕事に影響する可能性もあるので、こまめに接点をもつことが理想ではありますが、ストレスはできるだけ溜めたくないですよね。
では、具体的にランチの誘いを断るとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

付き合いの悪い人だと思われる  

ランチの誘いを断ると「付き合いの悪い人」と感じる人が少なからずいます。
そう思わせないためには、一度断れば誘いづらい理由を考えることが大切です。

また、仕事中のコミュニケーションを大事にしたり、挨拶をしっかりするなど、日々のやり取りを誠実に行なっていれば、そこまで悪い印象を与えずにすみますよ。

行きたくないランチに無理に参加する必要はなく、まずは自分の気持ちが大切です。
「付き合いが悪い」と思われないように、日頃の行動でカバーし、常に誠実な対応を心がけることを意識しましょう。

一般常識のない人だと思われる

ランチを断ると「一般常識がない人」と捉える人も存在します。
誘いを断る=調和が取れない、場の空気が読めないと感じる人が、少なからずいるためです。

しかし、実際のところは、ランチを誰と過ごすかを決めるのはあなた次第であり、強制的に参加するものではありません
そもそも、休憩時間を拘束されてしまう環境にも問題があるのです。

そのため、悪いのは誘いを断るあなたではないので、深く考えないことをおすすめします
誠意をもった対応や、断り方に気をつければ問題ないので「一般常識がない人」と思われないように、対応の仕方は意識していくといいでしょう。

社内の情報が入ってこなくなる

ランチの誘いを断ることで、社内の情報が入ってきづらくなるのは否めません。
しかし、本当に大事な情報は、上司から話があるものです。
そのため、ランチに参加しても、そこで出る話題は必ずしも信憑性があるとは限らず、噂でしかない可能性もあります。

ランチのときまで仕事の話をされてしまっては、心も休まらないですよね。
リラックスした時間を過ごし、後半の仕事に向けて備えることも大切ですよ。

仕事上で困ったときに相談しにくくなる

ランチを断ると、仕事上で困ったことがあっても相談しにくくなる傾向があります。
誘いを断ることで、コミュニケーションをとる機会が自然と減ってしまうからです。
中には、誘いを断ることで「拒否された」「性格が悪い」とマイナスに捉える人が少なからずいることも、頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。

しかし、誘ってくれたことに対して感謝の気持ちをもつことで、マイナスな印象を与えずにすみますよ。
「誘ってくれてありがとう」と言葉にすることで、相手もマイナスな感情を抱きにくくなります。
仕事で困ったときに相談にのってもらえるように、常に感謝の気持ちをもって行動しましょう。

ランチの誘いを断るメリット! 

ランチの誘いを断ると、メリットに感じる部分もたくさんあります。
ランチに誘われたときに、参加するかどうかはあなたの判断に委ねられ、自分の意思を伝えることは非常に大切です。
ストレスを溜めずに過ごすことは、仕事の効率も上がるので、無理して参加することはないでしょう。

参加しない旨を伝えることは、自分の意思を尊重したことに繋がるのでおすすめです。
ランチを断ることは悪いことではなく、自分自身を大切にできている証拠でもあります。

では、具体的にランチの誘いを断るとどのようなメリットがあるのか、お伝えしますね。

自分の時間を過ごすことができる

ランチの誘いを断ると、必然的に自分一人の時間が増えるのでメリットといえるでしょう。
周りに気を遣わずに過ごせたり、自分と向き合う時間にあてることもできるので、人間関係の煩わしさから解放されます。

また、ストレスがなく気分転換もでき、後半の仕事も気持ちを切り替えて臨めるのもメリットですよね。
一人で過ごすことで、周りに合わせず好きなものを食べられるので、おいしいものを食べることで後半の仕事も頑張れるでしょう。

 一人ランチは職場恋愛のきっかけになる!

一人でランチをすることで、職場恋愛のきっかけになる可能性もあるのでおすすめです。
一人でいることで、周りから話しかけやすい雰囲気が自然と作られるため、あまり話したことのない異性とも仲良くなれるチャンスがあります。

また、相手も一人でランチをしていた場合、集団の食事が苦手な可能性もありますよね。
その場合、相手の異性とも価値観が合い、仲良くなりやすいでしょう。

昼間という時間帯もポイントで、夜に比べてお互いの警戒心も薄れることから、打ち解けやすい状況がそろっているので、一人ランチは職場恋愛のきっかけになりやすいのです。

聞きたくない愚痴で気分が悪くなるのを防げる

女性同士のランチを断ると、聞きたくない愚痴を聞かずに気分良くランチタイムを過ごせるので、メリットといえるでしょう。

愚痴を話してる側はストレスの発散になりますが、聞いてる側は気分が悪く、疲れてしまいますよね。
せっかくのランチタイムでストレスを感じてしまったら、休まることなく後半の仕事に取りかかる羽目になります。

そうならないためにも、ランチの誘いは丁重に断って、一人の時間を有意義に使ったほうがいいでしょう。

ランチ代の出費を抑えられる

ランチの誘いを断ると、その分ランチ代の出費が抑えられるメリットがあります。
ランチ代を抑えることで貯金ができたり、他のことにお金をかけられるので、できれば節約したいですよね。

頑張って貯めたお金で、仕事に使う文具や効率が上がるグッズの購入ができ、そういったことが仕事のモチベーションにも繋がります
そのため、節約することで仕事が楽しくなり、良い影響を与えるので、ランチ代の出費を抑えるために誘いを断ることは悪いことではないのです。

上司や先輩・同僚に気を使わなくて済む

ランチの誘いを断ることで、上司や先輩・同僚に気を遣うことなく過ごせるのもメリットの一つです。

特に上司や先輩は、一緒にいるだけで気疲れしてしまい、心が休まりません。
ストレスを溜める原因でもあるので、ランチは一人で過ごしたほうが気が楽でしょう。
断り方に気をつければ、人間性を問われることもなく、嫌われる可能性は低いといえます。

相手に合わせるだけではなく、自分の時間を大事にすることも大切です。

嫌な女性社員のランチの誘いは断って、自分のための時間を楽しもう!

今回は、女性同士のランチを不快な思いをさせずに断る方法をお伝えしました。

職場の人とのコミュニケーションは大事ですが、自分の時間を持つことも仕事をしていく上で非常に大事な時間ですよね。
きちんとした明確な理由を伝えることで、相手もわかってくれます。
また、伝えるときは言葉の選び方にも気をつけると、仕事に影響が出にくいでしょう。

自分の時間をもつということは「自分を大切にしていること」に繋がります。
ランチタイムは、嫌な人と一緒に過ごすのではなく、自分のための時間として有効活用することでリフレッシュができ、ストレスも溜めずにすみますよ。

ランチの誘いを断ることは、悪いことではありません。
少しだけ勇気をだして、有意義な時間を過ごしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA